" />

【体験談】公務員を辞めたい30代が考えておきたい3つのこと

  • 公務員を辞めたい、、、
  • だけど30代だと辞めて後悔するかもしれない、残るべきか、、、
  • そもそも30代の公務員がこれから民間に転職するって現実的なの?
  • 転職事情はどうなってるの?

と悩んでいませんか?

私も30代後半で公務員を辞めるに当たって色んな迷い・悩みがありました。

今、人生の大きな選択ですよね。

「30代後半の転職事情は深刻だ」「収入が一時途絶えて大丈夫だろうか」など、色々と考え、不安に押し潰されそうになりました。

ただ、答えは一つで、在職したまま転職活動を行うことです。

「職場にバレないように」という条件付きですが、これを守れば必要以上の不安に襲われることはありません。

そして、スキルを持っていないとはいえ、行動したら案外スムーズに事は進みます。

このページでは、私が体験した反省点も踏まえつつ、上記悩みの解決方法を記事にしました。

公務員を辞めたい30代が考えておきたい3つのこと

30代で公務員を辞めたいと思ったとき、「辞めるべきか?残るべきか?」という大きな決断を迫られます。そこで、自分の意志を確認するため、下記3つを考えましょう。

  • 公務員を辞めたい理由を整理する
  • 30代で公務員を辞めた際のメリット・デメリットを比較する
  • 辞めた後、残った後、笑顔の自分はどちらかを思い浮かべる

考えること①:公務員を辞めたい理由を整理する

まずは、30代にして公務員を辞めたいと思った理由を整理しましょう。

なぜなら、短絡的な理由で公務員を辞めた場合、後悔する可能性があるからです。

公務員を辞めたいと思う理由は人それぞれです。

詳しくは、「公務員を辞めたい7つの理由&退職経験を踏まえた対処法」という記事で紹介していますが、

  • 本当にやりたいことがほかにある
  • 毎日の業務内容がつまらない、やりがいがない
  • 組織の人間関係にもう振り回されたくない
  • 組織の風土や労働環境、評価といったシステムが合わない
  • ハラスメントを受けていて、心身のバランスが保てない

など、公務員独特の理由も多々あると思います。

どんな理由であろうと、年齢を重ねていようと、公務員を辞めたいという気持ちに対して、他人が口を挟むものでもありません。

自分の人生ですので。

ただ、公務員を辞めるという決断を納得いくまで腹落ちさせておかないと、「やっぱり残った方がよかったと思う自分」「家族に迷惑をかけっぱなしの自分」、つまり自分の決断に後悔を抱きます。

なので、辞めなければならないほどの理由なのか、一度しっかり考えてみましょう。

考えること②:30代で公務員を辞めた際のメリット・デメリットを比較する

次に、30代で公務員を辞めた場合、どんなメリット・デメリットがあるのか、確認してみましょう。

時代の流れからして公務員が安定しているとは言い難いですが、それでも年功序列制度の恩恵を受けるのはこれからになります。

特に35歳以降の人は、転職事情・家庭環境との兼ね合いも含め、公務員を辞めるリスクを把握しておくべきかな、と思います。

>>参考:【体験談】公務員が安定してないと思う理由【私の不安定な10年】

 

具体的には下記です。

メリット公務員を辞めたい理由(悩み)から解放される

仕事内容・勤務地の選択が可能になる

副業ができる

デメリット退職後の収入は一時不安定になる

ローンの審査が通りにくい

ボーナス・退職金は、今後公務員のように確立しない

人間関係が変化する(メリットの場合もある)

抽象的な部分もありますが、結局デメリットとしては確立した収入が崩れるということです。

考えること③:辞めた後・残った後、笑顔の自分はどっち?【体験談】

結局これかな、と思います。

将来笑顔で生活している自分を想像してみて、思い浮かぶのはどっちですか?

おそらく、「公務員を辞めたい、でも、、、」の奥底には自分でも気付けない要因があると思います。

そこを、探し求めるより、幸せそうな未来がどっちなのかを捉えた方がいいのかな、と。

そして、笑顔の自分を追い求めれば、公務員を辞めたとしても、残ったとしても、後悔なんてないように感じます。

 

ここで、私について少し語らせてください。

この章だけは完全に主観的な話になるので、偏った見解だと思われた場合、すみません<(_ _)>

私は、20代で公務員を辞めたいと思いながらも周りの反対されて退職を断念し、30代後半でパワハラを受けて退職に踏み切りました。

元々公務員の縦社会・閉鎖的環境には合わないと思っていました。

また、仕事のやりがいを追い求めて掴んでも、人事異動で意図しない部署に就くことが多いことも不満でした。

綺麗事のようですが、私は昇進するよりも人に感謝される実感を得たいと思いながら業務をこなしてきました。

公務員に入った理由もそういった趣旨でしたが、いざ公務員になってみると、外部より内部の人間に気を使っている人数の多さに幻滅しました。

最初は若さゆえの思考かなとも思いました。でも公務員を辞めるまでその違和感は拭えませんでした。

民間経由の公務員でしたが、民間企業の方が全然良いと思いました。

管理職育成のプログラムに組み込まれそうになったときには、上司の指示であっても明確に拒絶したほどです。

私が公務員を辞めた理由を深く掘り下げていくと「仕事がつまらない」でした。パワハラは付随的な理由だと思っています。

これを聞くと、「そんな理由で公務員を、しかも35歳を過ぎて辞めるなんてありえない、ただの甘えだ!」と思うかもしれません。

しかし、自分にとっては本当につまらないのです。高い役職を手にしてその地位に満足したいわけでもない、かといって望んだ部署に着いてもすぐに人事異動で振り回される、もはや私がいた組織ではやりがいを見出せなかったのです。

そういった雰囲気を出していたため、睨みを利かせた上司がパワハラに及んだようにも感じています。

パワハラ被害はあくまで退職を後押ししたきっかけです。

 

退職後、決めました。

私は、公務員で受け取る予定だった金額よりも、多くの収入を得ようと。

そのための最適解が「転職×副業」だと思いました。

幸いなことに30代は体が動きます。バリバリ働けます。

今度は自分のために、自分が好きな働き方を選択すると決め、家族にも了承を得ました。

そこ(公務員を辞めること)に、失敗とか後悔とか、そういう概念はありません。

普通に転職できるし、個人で稼げる時代だし、自分のための時間は増えるし、好きな人と関わっていけるし、食事を美味しいと感じれるようになったし、、、

私個人の見解ですが、そこに辞めたい理由とか年齢は関係ないように思います。

少なくとも、辞めてからの自分は笑顔です。

 

公務員を辞めたい30代におすすめの後悔しない転職活動方法

私は「公務員を退職→転職活動」の流れだったので、一時的に先行き不安という悩みを抱えました。

これは明らかに非合理的です。軽率に退職するのはおすすめできません。

そこで押さえておきたいポイントは、「リスクを最小限に、後悔しない決断をする」ということです。

それでは、具体的に見ていきましょう。

step1:30代前半と30代後半の転職事情を把握する

悲報から話しておきます。

公務員からの転職はよほどのスキルを持っていない限り、「未経験」として扱われます。

当然といえば当然なんですが、公務員の業務は民間企業と性質を異にしますので。辛い現実ですが事実なので、先にこれを受け止めましょう。

これを前提に話を進めていきます。

まず、「未経験」の転職事情としては、30代前半と30代後半の求人数に違いが出てくるので、切り分けます。

30代前半転職事情は選べる立場です。求人も多いです。人生の巻き返しも十分に図れます。個人的にはこのタイミングで行動しなかったら後悔すると思います。

※ただし、IT業界は実質未経験だと難しいです。

30代後半ハイキャリアを望む視点での転職活動は難しいです。とはいえ、特化した業界にこだわりがなければ門戸はわりと開かれています。

※私は3社面接2社内定です(落選1社は欲張りました)。実質の活動期間は1ヵ月程。

実際の転職活動を通してわかったことは、上記な感じです。

step2:30代公務員の転職活動は、後悔しない方法を採る

何かしらの理由があって、すぐに退職しなければいけない場合は別ですが、先程も話したように、基本的には合理的に物事を運ぶべきです。

下記2つの流れを押さえましょう。

  • 在職中に転職活動を行う
  • 転職活動を通して、辞めるべきか残るべきかを最終判断する

それぞれ理由があります。

  • 理由①:一時的な未収入状態を防ぐ
  • 理由②:軽率な判断で転職先へ飛び付くことを防ぐ

上記2つを押さえつつ、行動しましょう。

私の転職活動はわりと成功した方かなと思っていますが、意識したことは一つでした。

それは「動機」です。

公務員を辞めたい理由は様々で、ポジティブなものもあればネガティブなものもあるはず。

私なんて、パワハラ被害が退職のきっかけなので、めちゃくちゃネガティブですよね、、、

おそらく、採用面接の際は、「公務員を辞めた理由」「志望動機」を確認されると思います。

基本的にはポジティブがいいです。

ですが、私は、

  • 公務員が合わなかったのに、ずっと辞められなかった
  • 40歳をもうすぐ迎えるにあたって、やっぱり好きになれる仕事をしたいと思った
  • それは公務員ではなく御社だと思った

この趣旨でしか話していません。わりとべたですよね、、、

色々考えても仕方ないと思い直球型で伝えたら、採用側の感触はすべて良かったように感じました。

将来仕事に求めていくものが定まっていて、そのために選んだ会社であれば、ちゃんとした「動機」になるかなと思います。

step3:公務員から転職するなら、求人媒体を効率よく利用する

具体的には、転職エージェントを利用しましょう。

専門アドバイザーが色んな手続きをサポート・アドバイスしてくれることは、未経験の身としては助かります。

希望業種への転職可否も教えてくれます。

在職中の転職活動ということを考えると、すべて自力で行うのは大変です。

そういった時間の短縮は、本当にありがたいです。

おすすめの転職エージェントは下記2つです。

  • doda(デューダ)|様々な転職スタイルに対応。転職成功者の実績・評判がともに高い。転職サイトと併用可。全国都市部に拠点あり。
  • リクルートエージェント|体制も安定的で面接対策好評。案件も豊富。全国都市部に拠点あり。

※登録は5分程度で終わります。担当者との相性もあるので2社とも登録してやりとりを交わし、選んだ方がいいかなと思います。

やらない後悔はありえますが、やった後悔はないはずです。

そのためにも、行動して、その中で考え、納得いく決断をしましょう。

 

ーーー【追記】ーーー

筆者はパワハラ被害で長く苦しみ、当時のことを記事にしています。

もし興味があれば、ご覧ください。

≫パワハラ被害者のその後【辛い経験だったけど幸せをくれました】

 

", "image": {"@type": "ImageObject","url": "https://ta-ro-blog.com/wp-content/uploads/2020/02/work02-114-768x432.jpg","width": "768px","height": "432px" }, "datePublished": "2020-02-20T01:35:35+0900", "dateModified": "2021-09-28T22:36:11+0900", "author": {"@type": "Person","name": "taro" }, "publisher": {"@type": "Organization","name": "taro next blog","logo": { "@type": "ImageObject", "url": "https://ta-ro-blog.com/wp-content/themes/the-thor/img/amp_default_logo.png", "width": "600px", "height": "60px"} } }